避難施設連絡会 報告

2018年9月19日(水)

 19日、つくし野小学校で、町田市防災課、指定職員、校長先生と1~4丁目自治会自主防災組織が集まって、「つくし野小学校 避難施設(避難所)開設・運営マニュアル」について話し合を行いました。

  • 地震等の大規模災害発生時につくし野小学校が、避難施設(避難所)となり、避難施設運営委員会が組織され、避難施設運営委員会はマニュアルに基づいて開設・運営を行います。/避難施設運営委員は、①指定職員、②つくし野小学校教職員、③自主防災組織、により構成されます。/指定職員は、避難施設より半径10㎞以内に住む市職員(4人)で、震度6以上の地震が発生すると、本格的な支援が始まるまでの3日間ほど避難施設で災害対応業務に携わります。/運営要綱には避難施設開設担当、避難施設開設手順、避難施設運営などがきっちり決められています。
  • (ご注意)避難所で飲料水や食料(備蓄)の受け取りができますが、自宅で生活可能な避難者は帰宅するようにしてください。(体育館収容可能人数255人)/徒歩による避難が原則、学校敷地内へクルマの乗り入れは禁止です。/同行避難ペットは屋内には入れず、屋外にて飼い主の責任で管理してください、盲導犬、介護犬の同行は構いません。
                                      文責 1丁目 細見

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください