初詣を兼ねた南伊豆バス旅行 ー ことぶき会

平成31年1月18日

 平成最後の新年会は南伊豆まで出かけて、由緒ある伊豆最古の宮「白浜神社」初詣と、南伊豆で取れる今が旬の「高足ガニ」を食するバス旅行を実施しました。1月18日快晴。富士山の雄姿を眺めながら走った後、伊豆半島の天城峠を南下、最初は、石川さゆりが歌う「天城越え」に出てくる「浄蓮の滝」(歌碑あり)で休憩。(後に続く)

動画をお楽しみください

(つづき)徒歩10分で行ける滝壺で20メートルの落差がある滝を見て、白浜神社に向かった。樹齢二千年を超えるご神木は枯れていても存在感があり、本殿に向かう参道は身の引き締まるオーラを感じます。縁結びをはじめ多くのご利益があることから多くの参拝者が訪れるとのこと。歌手の故西條秀樹さんもここで式を挙げた由。
 参拝を終えて食事場所へ着いたのは1時近くだったと思います。噂の「高足ガニ」が私たちを待っていました。見た瞬間大きいなぁでした。甲羅の大きさは15センチほどか、これでも子供だとのこと。身が詰まっていて味も良く大満足。ご当地で取れる岩のり入りスープ、金目鯛の煮つけも良く、食べきれないほどの郷土料理に皆様ご満悦の様子でした。菜の花が見ごろを迎えた南伊豆への日帰りバス旅行は「サイコ―!」でした。
                             つくし野ことぶき会 佐々木信憲 記
      

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください