「映画を語る会」報告 -主催 つくし野映画同好会

つくし野映画同好会主催第3回「映画を語る会」はつくし野コミュニティセンター2階ホールで13日、映画「ホームカミング」(2010年 日本)が上映され、参加者は40名、うち女性18名。
参加者は住所確認、検温、手指消毒、マスク着用、換気、座席間確保にご協力いただきました。
監督:飯島敏弘(金妻監督)、出演;高田純次、林隆三、秋野大作、劉雷太、高橋惠子、島かおり他リタイアサラリーマンの地域デビューのホームコメディ、ロケ地は町田市成瀬台、つくし野。
クラブはんどれっどの専門部会の地域へのオープン化への試みとして、当クラブの芸術・文化グループが「つくし野映画同好会」を立ち上げ、「映画を語る会」を企画しました。コロナ禍の中、ウイズコロナの日常を取り戻すべく「うつさない、うつらない」新生活様式を取り入れ、その3回目を開催しました。(今回は、地域デビュー、町おこしがモチーフの映画でした)集客に偏りがありますが、参加された方々には一定の評価を得つつあります。
今後の活動を見守っていただければ幸いです。

                     つくし野映画同好会 嶋田秀行

                        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください