第4回「映画を語る会」報告 – つくし野映画同好会

開催日:2020.10.15(木)

映画「ヴェニスに死す」は1971年、イタリア・フランス合作、第24回カンヌ国際映画祭受賞
1972年キネマ旬報ベストテン第一位受賞 

美少年への思いをよせた老作曲家の苦悩を格調高く描いた文芸ドラマ

参加人数は44名(内女性25名)
40%の方が「良かった」66%の方が2回以上参加
マーラーの音楽への共感と三星さんの解説が好評でした

【アンケートからのご意見・ご感想】

・又是非参加したい。係の方々ありがとうございました

・音楽がとても良かった

・すばらしい。同様なものをみたい

・むずかしかった

・外国のものは理解に苦しむ

・良い映画をいつも楽しみにみさせていただき幸せです。ご苦労様です
  (だんだん遠くまで見に行くのがおっくうになったので)

・絵画のような映像でした

・コロナ影響で外出も控え閉塞感ある昨今、センターで映画を安心して鑑賞出来るのはとても有難く感謝申し上げます

・冗長すぎる

・古き良き時代の風景、美の追求、コレラが流行したイタリア今も昔も変わらないなあ
 マーラーのアダージョすばらしい

・ありがとうございました。

・美しい音楽と映像でした。心に何か残るものがありました。

・グラスフ・マーラーの音楽素晴らしかったですね。映像を引き立たせてくれます。
 昔の映画はテンポがゆっくり流れます。少年タッジオも印象的。

                         嶋田秀行

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください