歴史散策 ― 新治(にいはる)市民の森を歩く

クラブはんどれっど・歴史散策
横浜緑区の新治(にいはる)市民の森を歩く

2021年11月3日(文化の日)
12名参加(CH外3名)

 まだ紅葉は始まったばかりでしたが、昔の農業の営みから生み出された里山、斜面の雑木林、谷筋のスギ林と谷戸田の風景は、心地よい豊かな自然の恵みと季節の移ろいを感じさせ、森林浴できれいな空気を胸いっぱいに吸いすっかりいい気分になりました。

 最後に、にいはる里山交流センター「旧奥津邸」を訪れ、歴史的建造物の長屋門、土蔵など新治の歴史を学びました。 また、奥津家は豪農でしたが、マムシに咬まれた時の特効薬を、一子相伝の秘薬として作り、近隣の村からその薬を求めて人々がやってきたという面白い話に聞き入りました・・・ガッテン。

*横浜緑区の新治市民の森は、JR横浜線十日市場駅下車徒歩15分で、公園入口に行けます。

*CH歴史散策は3月に開催して以来コロナ禍で活動を休止していましたが、この度再開して大勢の方がご参加されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください