第6回 映画を語る会開催報告 - つくし野映画同好会

 嶋田 秀行

    昨年6月に始めた「映画を語る会」は、6回を迎えました。
 この会は、一つの作品について解説を聴き、皆で鑑賞し、感想を述べあうことで、よりその作品に親しもうという目的で始めました。
これまで取り上げた映画は、「日日是好日」「最強のふたり」「ホームカミング」「ヴェニスに死す」「ぼけますからよろしくお願いします」です。

 今回は、緊急非常事態宣言中故、コロナに「うつらない、うつさない」対策にご協力を頂きながら開催し、好評の内に無事終えることが出来ました。

1.開催日時 : 2021.3.18.(木)13時30分―16時40分
2.会場   : つくし野コミュニティセンター2階ホール
3.映画   : 「サウンド オブ ミュージック」アメリカ1965年 174分
4.参加人数 : 44名(CHメンバー13名、他31名、ー女性18名ー)

以上

 

第6回 映画を語る会開催報告 - つくし野映画同好会” に対して1件のコメントがあります。

  1. 中川 淑郎 より:

     この映画の舞台はオーストリアのザルツブルク(Sarzburg、Sarz=塩)です。人口15万ほどの小さな美しい都市ですが、近郊に巨大な岩塩抗があり、古くから莫大な利益をもたらしていました。モーツァルトやヘルベルト・フォン・カラヤンの生地でもあります。夏の音楽祭も有名です。ドイツ在住の折、その音楽祭の最中の1週間を同地で過ごして散財しましたが、映画を見ながら、楽しい音楽とともに、懐かしい思い出に浸りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください